重松歯科医院blog

2013年6月 4日 火曜日

キシリトールガム♥

みなさん、こんにちはcherry
受付の向井ですvirgoheart04

前回のブログでも、ご紹介させて頂いた通り
6月4日から10日は、歯と口の健康習慣ですkissmarkshine

そこでnote4日から10日の期間中に来院された患者様へboutique..
キシリトールガムをプレゼントさせて頂きますheartheart

fullmoonキシリトールとは
キシリトールは天然素材の甘味料で、白樺や樫など広葉樹、トウモロコシの穂軸イチゴなどの果物やほうれん草などの野菜に含まれています。
樹木から取れる成分を原料として主にフィンランドで生産され、カロリーは砂糖の約75%そして虫歯予防の効果が認められています。
インシュリンに影響を与えないため、医療の現場では以前から糖尿病の患者や点滴にも使われていました。

fullmoonキシリトールの効果
・キシリトールの甘さにより唾液を出させる効果⇒唾液が増えることで酸を中和する能力が高まり、再石灰化を促進する。
・ガムタイプでは噛むことにより、さらに多くの唾液が分泌して再石灰化を助けます。
・歯垢中のむし歯菌を減少させ、虫歯を作る酸を抑制する効果があります。
・ミュ-タンス菌は通常、糖を取り込みエネルギー源として酸を生成します。その酸により、歯の表面直下より脱灰される事により、むし歯が始まります。しかし、ミュータンス菌はキシリトールを取り込むことができないので徐々に弱って行ってしまい、酸を生成できません。
・細胞に貯蔵されているエネルギーを消費させる一方で、なんらエネルギー産生には役立たずに繰り返されることによって、段々機能が縮小されて行くことになります。 
・キシリトールを使い続けると、先ず口腔内の歯垢の虫歯菌の数が少なくなります。
・体質改善という言葉がありますが、さらに使い続けて行くと虫歯になりにくい歯垢に変わって来ます。歯垢の体質改善がなされ、
むし歯が出来にくい細菌のバランスの性状に変化して来ます。
・歯垢の性状の変化によって歯磨きがし易くなり、また歯肉炎なども起きにくくなります。

fullmoon効果的な摂取法
・1日を通して回数を多く摂る。
・1日に3~5回摂る。
・毎日継続的に摂る。
・食後、食間に摂る。
・キシリトール100%の物を選ぶ。

最後に、キシリトールガムにもメーカーによって特徴がありますribbon
キシリトールの摂取に重点をおいて5分程度で味がなくなるもの、
顎を鍛えたり唾液を多く出すことを目的とした15分以上で味がなくならないものなどあります!!!
いろいろ試して、TPOに合わせるのも良いと思いますtulipshine



重松歯科医院

投稿者 重松歯科医院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30