重松歯科医院blog

2015年9月24日 木曜日

お口の中の細菌、顕微鏡で覗いてみたら・・・(位相差顕微鏡検査)

みなさん、こんにちは。

シルバーウィークはいかがお過ごしでしたか?
天気の良い日が続いて、本当に良い休日を過ごせました。

さて、今日は細菌検査のお話です。

お口の中で起きる様々な病気(虫歯や歯周病)はすべて細菌による感染が原因です。
細菌が酸を発生させて歯を溶かしたり、骨を溶かしたりします。

そのお口の様々な病気の原因となっている細菌を「位相差顕微鏡」という機械で見て、どのような細菌が、どれくらいいるか、またどれくらい細菌が活動しているか、を見ます。

方法は非常に簡単です。
お口の中の歯垢(プラーク)をほんの少しとって、それを顕微鏡にセットし、見るだけです。
実際に患者さまにもその顕微鏡の様子を見ていただけます。

しかしこれを見ることにより、お口の中にどのような危険が潜んでいるか、また今後どのようなリスクがあるか、また何に気をつければよいか等、様々な事がわかってきます。

このように非常に優秀な機械ですが、導入している医院はまだまだ少ないのが実際です。

当医院では全ての患者様に初診時にこの検査を行っております。
この細菌検査に費用はかかりません。すべて無料でさせていただいております。

今御来院途中の患者さまでも、御希望であればいつでも無料で検査させていただきます。

ぜひお気軽にお声掛けください。




RBDS重松歯科医院






投稿者 重松歯科医院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31