重松歯科医院blog

2016年2月10日 水曜日

キシリトールガムの正しい噛み方とその効果

皆様、こんにちわ。

今回は、キシリトールについてです。

キシリトールは、砂糖と構造が違い、虫歯菌が取りれても酸を作れないので、正しく噛めば虫歯にならない天然甘味料です。

あくまでも、キシリトールは、虫歯予防の補助的な物であり、歯磨きで歯垢を綺麗に取ることが大切です。

キシリトール配合のガム、飴などの商品をよく見かけますが、予防効果を出すためにポイントがあります・

1、砂糖が含まれていないキシリトール製品であること

2、キシリトール含有量が、100パーセントに近いこと

3、歯磨き後と寝る前に噛むこと

4、しっかり噛んで唾液と作用させること

5、必要量を継続的に摂取すること

などです。

キシリトールガムを正しく噛むことにより、唾液が出やすくなり、酸の中和を促進する働きも持ってるので、口の中が虫歯になりにくい環境を保ってくれます。

必要量を超えてキシリトールを摂取すると、下痢になる方もいますので、ご注意くださいね。

当院でも、100パーセントキシリトールガム、タブレットを販売しておりますので、ぜひお勧め致します。


レアルブランコ重松歯科医院










投稿者 重松歯科医院

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31