2016年7月 6日 水曜日

歯垢染色剤について

皆様、こんにちわ。 夏の季節に入り、毎日蒸し暑いですね。(^_^) 今回のテーマは、歯垢染色剤についてです。 歯垢染色剤は、磨き残しの歯垢が残ってると、その部分に色がつく液です。 磨き残しをしやすいポイントは、歯の裏側、歯と歯の間、歯と歯茎の境目、奥歯の後ろの面、奥歯の歯の頭の溝などです。 何故歯垢染色剤によって歯垢が染まるかというと、歯垢の中には虫歯菌や歯周病菌などが住んでいて、歯垢の中の隙間に色素が入り込み、歯垢全体が赤色に見えます。 歯垢は、歯の色に似てるため、どこに歯垢が残ってるかは、特に奥歯や歯の裏側は分かりにくいです。 当院では、磨き残しのある所の歯茎が腫れたり、虫歯、歯石が付きますので、歯垢染色剤を使用して、皆様の日頃のお手入れの状態を見て頂きます。 特にお痛みの方も、定期的に虫歯が出来てないかなど早期発見早期予防で、定期健診をお勧め致します。 レアルブランコ重松歯科医院

投稿者 重松歯科医院