重松歯科医院blog

2017年3月 7日 火曜日

象牙質知覚過敏 (2)

皆さま こんにちは。
今回は象牙質知覚過敏の治療方法のお話しです。

一般的な治療方法

・コーティング剤の使用
露出象牙質の表面をコーティングして外からの刺激を遮断する方法で、
歯科用の特殊な樹脂を使う方法がよく用いられます。

・歯の根元付近で三角形に歯の一部がかけている場合(楔状欠損と呼ぶ)などでは、
素の部分に接着力のある歯科用の材料をつめて外部からの刺激を遮断します。

・歯科用レーザーや、高周波を用いる方法もあります。


いずれの場合でも、歯の表面が歯垢で覆われると治療効果が上がりませんので、
口腔清掃は重要です。



歯科助手 森島




重松歯科医院


投稿者 重松歯科医院

カレンダー

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30