重松歯科医院ブログ

歯のかぶせもの 保険内と自由診療どう違う??

むし歯治療に欠かせない歯の被せ物。

保険治療ではギラッと光る銀色のかぶせものが大半となりますが、

入れる部位等に合わせて選んでいけることをご存知でしょうか?

実際保険治療のものと保険外のもの、一体何がどう違うのか?

色々な被せ物をご紹介します。

大きい違いとしては費用が大きく違ってきます。

保険外の被せ物は歯科医院によって多少の差があるかと思います。

また仕上がりも大きく変わってきます。

それぞれの特徴を以下にご紹介します。

 

 

 

◆ジルコニア

ジルコニア

金属を使わずジルコニアという人工ダイヤモンドを内面に使用し、外側はセラミックを焼き付けています。セラミックは変色せず、天然歯のような美しさを再現できます。強度もある為、奥歯にも対応できます。

 

◆オールセラミック

オールセラミック

金属は使わず、セラミックのみで作ります。

光を透過させてくれるので、より天然歯に近い色合いを再現できます。前歯にオススメの材料です。

永年の使用でのすり減りや変色もありません。

 

 

◆メタルボンド

メタルボンド

内面は金属、外側にセラミックを焼き付けた被せ物です。

強度にもすぐれ、セラミックの美しさも兼ね備えています。

 

 

◆ハイブリッドクラウン

内面は金属、表面にセラミックの硬さと樹脂の粘り強さを併せ持ったハイブリッドの素材を使用しています。

樹脂が含有されているため、セラミックと比べると少し審美性や耐久性に劣ります。

 

 

◆保険治療の被せ物

・奥歯はいわゆる「銀歯」とよばれるものです。

保険適用されるかなり固めの金属を使用しており、かみ合う歯を痛めてしまいます。

また、金属的に不安定で口の中に溶け、歯ぐきに色素沈着を起こすこともあります。

 

銀歯

銀歯

・前歯は保険適用の金属の上に前だけプラスチックのレジンと言われるものをはり付けています。柔らかいため、吸水性も高く、変色しやすいです。またプラークも付着しやすくむし歯や歯周病のリスクも高くなります。

歯の変色

※奥歯用のプラスチックの白い被せ物も数年前から適用されていますが、プラスチックのため強度が弱くすり減りが起こりやすいです。

 

このように被せ物だけでも治療部位、種類、と様々なタイプがあります。

被せ物はメインテナンス次第では10年近く使用出来る事も多いです。

歯医者さんに任せっぱなしではなく、じっくり担当の歯科医師とご相談され、納得のいく物を選択されることをオススメします。実績や保証内容などをチェックしてみるのもいいかもしれません。

 

他にも【詰め物】と言われるものも歯の修復物にはあります。

それはまたの機会にお話します。