ホーム > インプラント

インプラント

高い技術力を持つインプラント専門医が常駐しており、様々なケースに対応。インプラント専用の手術室完備!
歯が抜けてしまった方 骨が少なくインプラントが難しい方

歯が抜けてしまった方へ

歯が抜けてしまった方に対して、入れ歯治療またはインプラント治療を行います。
当院は、常にインプラント専門医がおりますので、安心してインプラント治療を受けて頂けます。
インプラントはいい治療方法ですが、保険がきかない治療ですので、インプラントの利点やそうでない部分をきちんと説明して納得して頂いた上で治療を受けて頂くようにしています。
インプラント治療をお考えの方は、大阪市北区・福島区の重松歯科医院までご相談ください。
無料カウンセリングを実施しておりますので、どんな些細なことでもご相談ください。

インプラント治療の流れ
カウンセリング

治療への要望や不安な点をお伺いして解消し、治療の流れや治療内容、治療後のケアなどをご説明します。

診断

口内環境の検査・診断を行います。虫歯・歯周病がないかチェックしてインプラント治療が可能かどうかを判断し、治療計画を立てて必要な処置を行います。

1次手術

治療計画に基づいて手術を行います。局所麻酔をして歯肉を切開し、チタン製の人工歯根を顎の骨に埋めます。
1~2本であれば約15分、 2~3本であれば30分程度の手術時間で済みます。
(*患者様の症状によって時間は変動します。)

治癒期間

人工歯根と顎の骨が結合するまで約3ヶ月~6ヶ月(*個人差はあります)の治癒期間を設けます。

2次手術

人工歯根の結合と噛み合わせの状態をチェックしてから口内の型を取り、それをもとに人工歯を製作して装着します。

アフターケア

治療が完了してからの丁寧なアフターケアがインプラントを長持ちさせるためのポイントです。
正しいブラッシング方法で毎日丁寧にホームケアし、歯科医院で定期的に検診を受けましょう。

骨が少なくインプラントが難しい方へのインプラント治療

GBR法

歯周病等で骨が失われた部位に人工骨や自分の骨を移植し、骨の再生を図る治療のことで、歯周組織再生療法の1つです。
GBRは主に、「インプラントをしたいけれど骨の量が足りない」場合に行われます。

TE-BONE(歯槽骨再生治療法)

幹細胞を用いた日本初の骨再生治療法!!
通常インプラント治療を行うときに、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)が少ないとインプラント治療を行うことができません。
しかし、TE-BONEという治療法は、日本で最先端の骨再生治療法のため骨が不足している方もインプラント治療ができるようになりました。
患者様の骨髄の細胞を患者様の血液とともに培養し、培養骨を作ります。
この培養骨を移植し、足りない骨を再生することで、今までインプラントができなかった方・諦めていた方もインプラント治療が可能になるのです。

【骨再生治療法の特徴】
患者様の負担の軽減…細胞の採取を外来で行い、局所麻酔で行うため30分程度の処置で終わります。
安全性の確保…患者様ご自身の細胞と血清を使用するので、アレルギーや感染の心配がありません。
確実な骨再生…従来の骨補填剤では不可能だった骨の再生が可能です。

当院のインプラントメーカー

ザイブとCAMLOGです。
CAMLOG は、25年間にわたる臨床実験と研究によって開発されたカムログインプラントシステムは、 他のインプラントシステムの操作性・審美性・機能性の限界すべてを克服することを目的としていました。
研究の結果、新システムは従来の問題を解決してスタッフにとって非常に使いやすいものとなっています。 カムログシステムには4種類の形態があり、そのすべてが精密に機械加工されています。
寸法許容誤差を極めて小さくし、使いやすさを向上させています。