無痛治療の取り組み

痛みを伴う可能性があるときは必ず患者様に前もって説明させていただき、ご要望であれば麻酔をして、治療させていただきます。
当院では、針を刺す痛みを軽減するため、歯ぐきに塗る表面麻酔を行います。

針も通常よりもかなり細い針(33G)を使用しており、刺入時の痛みが軽減されます。
また、麻酔器も電動麻酔器を使用するため、薬が入るときの痛みも通常に比べ大幅に軽減いたします

また、どうしても恐怖心が強い方には、静脈内沈静法や筋肉内沈静法も行っております。
静脈内沈静法は、点滴で静脈に麻酔薬を投与し、軽い全身麻酔の様な状態にする方法で寝ている間に治療が終わるため、治療による音や痛みは全く感じません。
筋肉内沈静法は、筋肉に打つ鎮静法で静脈鎮静法に比べ、使用する薬剤はごく少量であり、全身麻酔に比べて安全性の高い方法です。ウトウトとしている状態ですが意識はあります。

麻酔後の注意事項

  • ・麻酔がきれた後に痛みが出る場合があります。
  • ・麻酔が効いている間は、感覚が無いため咬傷、火傷に注意して下さい。
  • ・食事は出来るだけ麻酔がきれてからにして下さい。
  • ・気分が悪くなったり、何か変わったことがあれば、ご連絡下さい。