歯のお悩み解決コーナー

治療における質問

A.しみる症状の原因は虫歯であるとは限りません。歯周病や知覚過敏、かみあわせ等からしみることがあります。

A.知覚過敏は段階を踏んで治療を行います。初めは知覚過敏抑制の薬剤を歯に塗って様子を見ます。

A.それでもしみるようであれば、虫歯を治療するときに使用するプラスチックで歯を覆ってしみを防ぎます。

A.それでもかなり強度にしみる様であれば、最終的には神経を取ったりすることもあります。

A.虫歯が深くまで進行している場合、その深くまで進行した虫歯も取り除かないといけないのですが、その時の治療の切削の刺激や神経に刺激が加わることにより後々しみたりズキズキ痛むことがあります。

A.口を開け閉めしたときに耳の前がカクカクしているようであれば顎関節症の可能性があります。

A.ホワイトニングは後戻りがあるので、一度するとずっと白いままではありません。

A.中で虫歯が進行している可能性と、治療したものと歯の間に汚れや色素が入り込んで黒くなる場合とがあります。

A.虫歯の大きさや、虫歯になった部位によって異なります。

A.歯ぐきが腫れる原因にも、磨けば治るような軽度なケースと、最悪歯を抜かないといけないような重症化しているケースとがあります。必ず歯科を受診して確認してもらいましょう。

A.欠けてしまった歯が神経がない場合、痛みも何もないことがあります。しかしその場合、なかで虫歯がかなり進行してしまっていることが多いので、放置せずに歯科を受診しましょう。

A.神経のない歯が虫歯になっても痛みを感じません。
また神経のある歯でも虫歯は重症化してこないとしみや痛みが出ないので、虫歯になっても初期~中期くらいまで痛みが出ないことは多々あります。

A.痛みの出る原因は虫歯や歯周病、かみ合わせや歯にひびが入っている等さまざまな可能性が考えられます。

A.そのままでよい仮の詰め物と、早く蓋をした方がよい仮の詰め物と両方あります。一度通院中の医院へ電話をして聞きましょう。

A.神経を除去すると確かに痛みは消失します。しかしそれは治療が完了したわけではなく、その後に根管治療と言って歯の根っこの治療を継続しないといけません。
その状態で放置すると歯を失ってしまうことがあります。

歯周病に関する質問

A.歯ぐきの病気と思われがちですが、実際はその下のはを支えている骨がなくなっていく病気です。

A.誰でもなる可能性はあります。

A.歯石は歯垢が石灰化せいて固まったものです。その周りに歯周病菌が入り込み歯周病を進行させます。なので歯石除去のお掃除は歯周病予防に効果があります。

A.一般的に歯石除去のお掃除は超音波スケーラーという器具を使って超音波の細かい振動を歯石に加えて除去していきます。その振動が歯に伝わると場所によって痛むことがあります。

A.手技によって器具の当たり方などが術者によって違うため痛む場合があります。他の衛生士がご希望であれば遠慮なくお伝えください。ただしみが強い方などは術者が変わっても痛みが出ることもあります。

A.喫煙すると歯周病が悪化することは論文でも発表されてるように明らかに関係があります。

A.歯周病になってなくなってしまった骨は再生することはできません。ただ今後今以上に進行しないように予防処置を行っていくことは可能です。

A.虫歯や歯周病のなりやすさは生まれ持った歯の質や唾液の性質でかわってきます。しかしそれもしっかりとしたメインテナンスで予防していくことは可能です。

A.目に見える大きな歯石は取ることも可能かもしれません。しかし歯と歯の間や歯と歯茎の境に入り込んだ歯石は歯科医師であっても自分で除去することは困難です。

A.ご主人が歯周病であることを機会に奥様も歯科医院を受診してチェックしてもらいましょう。

A.腫れが治まると歯ぐきのボリュームが少なくなるために、歯を覆っていた部分がなくなって歯ぐきが下がったり歯が長くなったような印象を受けることがあります。しかしその位置が現在の歯ぐきの正常な位置になります。

A.歯周病と糖尿病の関係や、歯周病と心臓病の関係など、研究が進むことによって歯周病と全身疾患の様々なかんけいが明らかになってきています。

A.歯周病の症状は急に現れることはありますが、歯周病に急になることはありません。歯周病も虫歯と同様に初期~中期にかけて症状がなく進行していきます。そして歯ぐきが腫れたり歯が揺れてきて気づいた時には手遅れになっていることも多々あります。

A.もちろんご自身でしていただく歯磨きは重要になります。しかしいくら長い時間歯磨きをしていても歯ブラシ正しい角度で歯に当てていなければ意味がありません。またそれでも100%自分できれいに磨くことは歯科医師であっても不可能です。
普段から正しい歯磨きの方法で歯磨きを行い、それでも磨き残しのある所は定期的に歯医者でクリーニングしていただくのが一番です。